×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

慢性鼻炎 治す

薬を使うと慢性鼻炎になる!?

鼻炎薬を使いすぎると慢性鼻炎になることはご存知ですか?慢性鼻炎の方の中には常習的に薬を服用したり、点鼻薬を使っている方がいると思いますが、実はとても危険な行為なんです。

 

鼻炎薬には血管収縮剤という成分が入っていて、使いすぎると自律神経が乱れて鼻粘膜が常に腫れたり、鼻血が出やすくなります。それにより、鼻粘膜の炎症が酷くなり、肥厚性鼻炎という手術でしか治せない慢性鼻炎になってしまうのです。

 

慢性鼻炎を手っ取り早く治すなら、生活環境の改善と、薬を使わずに鼻づまりを解消するしかありません。

 

私はこれで慢性鼻炎を解消しました

私は酷い鼻づまりだったのですが、えぞ式すーすー茶というお茶を友人に勧められて飲んでみたところ、今まで点鼻薬を使わなければ通らなかった鼻がすーすー通るようになったんです。

 

点鼻薬の使いすぎでしょっちゅう鼻血が出たり、鼻水が白く固まってしまったりして、異常な状態になっていましたが、すーすー茶にしたことで薬を使わなくなったので、結果的に慢性鼻炎も解消することができました。

 

私の慢性鼻炎の原因は、花粉症のときに使った点鼻薬でした。それから点鼻薬が手放せなくなり鼻づまりが慢性化していたのです。

 

慢性鼻炎に悩んでいる人は、薬を使わずにより自然な方法で治していくようにしましょう。

 

私が飲んでいたのはこれ!えぞ式すーすー茶の詳細はこちら

慢性鼻炎の原因は様々ですが、多いのは鼻づまりを放置して悪化したケースです。ダニやホコリといったアレルギー物質の多い場所で生活すると、鼻水や鼻づまりが多く起こるようになります。それを放置すると症状が悪化していき、アレルギー性鼻炎や蓄膿症といった、慢性的な鼻炎に陥ってしまうのです。
慢性鼻炎を治すには、生活環境の改善と薬に頼らない鼻づまり解消法が必須です。なぜ薬に頼らないかというと、薬を使うことでかえって鼻づまりがひどくなったり、薬を使わないと鼻が詰まった状態になってしまうからです。